Monthly Archives: 9月 2020

仕事を失ったら

Category : 未分類

コロナウイルスの影響で仕事を失った方も多数おられるようです。

数万人との報道もありますが・・・

不思議なのが、人材が不足している業種も多数あるのです。

看護師さんや、建設関係がさいたる例です。

ちなみに、僕は建設関係ですが、ここ数年。いや10年以上、20代~30代の方々が業界に入ってくる姿をあまりみかけません。

イメージがあまりにも悪いのでしょうか。

昔はキツイ、汚い、給料が安いの3Kといわれてました。

けどいまでは、信じられないくらいにまともになってます。

以前がひどすぎたのですね。

あまりにも人が業界に入ってこないので、海外の若手を人材にする会社が増えてきました。海外からくる人材は、真面目な方ばかりです。

「怖い」イメージもあるのかもしれません。

その一環で、各会社が素行やマナーの教育を行うようになってきています。仕事環境は当然ですが、人間関係もよくならないと、人材が定着しないからですね。

なので、ドラマでは建設関係に携わる方々が強面に見えるようにしていますが、実際のところはかなり少ないです。

で、大事な収入面はというと、働く方々の1日当たりの金額がかなり改善されているので、家族を養うくらいの金額は当然出ます。

収入を上げたければ、資格をとりなさいといった感じですね。

現場であれば、「建設機械のオペレーター(運転手)」「ダンプトラックの運転手(大型免許が必要)」「2級、1級土木施工管理技士」など、いろいろあります。

バス運転手からダンプトラック運転手への転職など、よく聞く話です。

また、重機の資格を持つ自衛隊出身の方はよく建設関係に入ってこられています。

資格によって、年収400万~600万といったところでしょうか。

それ以上となると、別の資格が必要となります。

なので、仕事がなくなった。収入が激減した。生活どうしようという方がいましたら、建設関係はいかがでしょうか。

慢性的に人材が不足しています。

いまでは、とにかく人材が定着するようにと、週休二日を促進しています。

ベテランでないとできなかった測量なども、AIの発達で(i-Constructionといいます)簡単に一人でできるようになりました。

体力に自信がある方は特にお薦めです。

PC作業が得意という方も、CAD(図面を描くソフト)を覚えれば重宝されます。

仕事をしながら、各資格をとって収入アップすれば良いかと思います。

 


子育てのつらさ(中学編)

Category : 未分類

子育ての大変な時期は、幼少期のあとは12歳~16歳くらいでしょうか。

いわゆる、思春期です。

この時期は子どもも、親が完全に守れていた時期から自分で自分を守る時期に入っていきます。

保護者の目のとどかない出来事が多くなっていくのですね。

なので、子どもが話しをしてくれなければ親は全く分かりません。

男の子は大人がみていないところで悪さをし、女の子はバレないように巧妙に悪さをする。

いうことを聞く時期ではないので、ひたすら子どもたちの尻ぬぐいと心のケアをするようになります。

よく聞く、「ウチの子に限ってそんなことは絶対にしません」

ということはなく、この年齢の子たちは悪さをする時期だから見守ることに徹する。と、腹をくくる方が良いかと思います。

のちのちに真相を聞くと、ビックリするようなことをしでかしてくれます。

大人は、これはやってはいけない。と感情の抑えがききますが、特に中学の子どもたちは抑えがききません。

周りの大人も、一生懸命にフォローをする時期になります。

ウチの子はとっても良い子で悪いことなんて全然しませんよ。

といわれるご家庭は、そちらの方が危険です。

子どもは必ず成長の過程で心に闇をもつようになります。

日頃から子どもの本音をきくようにしないと、闇がどんどん大きくなります。適度に悪いことをする方が健全なのかもしれません。

「悪いことがあっても、何があっても味方だからね」と一言いってあげるのが、心の救いになるようです。


子育て大丈夫?

Category : 未分類

もし、子育てで今悩んでいる方がいれば、お役に立てるかなと思って書いています。

まず、最も大変な時期が幼少期。

赤ちゃんのときですね。

赤ちゃんを育てるのは、家族と親族の助けが必要だと思います。

というのも、僕は当時、平日は帰宅が22:00とかで、家族のお世話をする時間はほとんどありませんでした。というよりは、仕事だけしていれば良い。

という考えに陥ってました。

その結果、妻は当然のごとく、病気になったわけです。

今考えれば、なぜそんなことも分からなかったのだろうか・・・

自責の念ですが、病気になった身体は簡単には健康体にもどれません。

ここで、なぜこんな話を持ち出したかというと、世の中には同じように抱え込まざるを得ないお母さんがたがいるんじゃないのかな。と思った次第で。

となれば、病気になる前にお伝えしないと。

ということで、子育てをほぼ一人で抱えざるを得ないお母さん、あるいはお父さん。

「助けをもとめましょう!」

もし、身内で頼る人が誰もいないときは、施設に一時預かりをお願いするのもアリです。

子育ては親がするもの。子育てがしんどくて辛いのは、能力不足だから。ダメな人間だから。

なんてことは絶対にありません。

赤ちゃんを育てるのに、どれだけパワーがいることか・・・

助けを求めるのは決して恥ではありません。

あなたが疲れ果てて、病気になる前に、堂々と助けを求めてください。

元気がなくなれば、家庭内も上手くいきません。

不要な出費も増えます。

悪い循環に陥ってしまいます。

明るい家庭で良い循環を保ちたいなら、しんどいときはハッキリと伝えましょう。

三つ子の魂、百までといいますが、家庭が明るければ、子も明るく育ちます。

健康が一番の財産です。


台風10号 大丈夫ですか?

Category : 未分類

台風10号がきていますね。

九州を南から北へ縦断しています。

縦断するとどうなるか。

また、災害が出て経済に悪影響が出ます。

公共交通機関は台風のときだけ運転を見合わせとなりそうですが、通ったあとの各地域は大変です。

トタンや屋根瓦は吹き飛ばされ、日常の生活に戻るのにまた時間がかかります。

これまで、瓦が吹き飛ばされて雨が家の中に降りこんで大変だったご家庭が数多くいらっしゃいました。

業者さんも一軒ずつしかできないので、待つしかありませんでした。

なので、屋根からの雨水の流入を防ぐのに、素人でもできる応急処置をアップしておきます。

専門知識がない方は、屋根に上がって作業すると間違いなく怪我をします。なので屋根にあがらなくても良いやり方を紹介します。

僕も技術者なので、このくらいはお役に立てるかなと・・・